「現実離れしていない希望を提唱したかった」/「連続ドラマW パレートの誤算~ケースワーカー殺人事件」橋本愛インタビュー

interview
2020.3.7

現代日本をむしばむ病巣を容赦なくむき出しにする「連続ドラマW パレートの誤算~ケースワーカー殺人事件』」が3月7日からWOWOWで放送される。原作は、映画化された「孤狼の血」で日本アカデミー賞最多12部門を受賞し …続きを読む>

「実在する人間の怖さがポイント」/ドラマ「そして、ユリコは一人になった」玉城ティナインタビュー

interview
2020.3.4

『このミステリーがすごい!』大賞の関連作品をドラマ化する『このミス』大賞ドラマシリーズの第5弾、「そして、ユリコは一人になった」が3月5日よりカンテレにて放送、6日よりU-NEXTにて配信される。ある高校に伝わる …続きを読む>

「絶妙なバランスで作られた世界観」/『架空OL日記』バカリズム&夏帆&佐藤玲インタビュー

interview
2020.2.27

バカリズムが2006年から3年間にわたり、銀行に勤めるOLになりきって日々のあれこれをこっそりと綴っていたブログを書籍化した「架空OL日記」が、連続ドラマに引き続き、映画版となって2月28日(金)から公開される。 …続きを読む>

「登場人物の感じる『もどかしさ』が今の社会を象徴していると思う」/『静かな雨』仲野太賀×中川龍太郎監督インタビュー

interview
2020.2.13

繊細な情景描写で数多くの国際的な映画祭で評価を得ている中川龍太郎監督の最新作『静かな雨』が2月7日に公開された。原作は宮下奈都のデビュー作で、中川監督自身、初めて原作のある作品に挑んだ。衛藤美彩と仲野太賀をダブル …続きを読む>

初めての主演「まずは共通点を見つけるところから」/『静かな雨』衛藤美彩インタビュー

interview
2020.2.7

宮下奈都の小説デビュー作を、『わたしは光をにぎっている』の中川龍太郎監督が瑞々しい映像美と音楽で綴る映画『静かな雨』が2月7日に公開する。本作で、事故の後遺症で1日経つと記憶を失ってしまうという難しい役どころに挑 …続きを読む>

「本当に細かいところまで仕掛けがある」/『犬鳴村』大谷凜香インタビュー

interview
2020.2.7

世界が認めるJホラーの第一人者・清水崇監督が、福岡市内にある心霊スポット「犬鳴村」を題材に完全オリジナルストーリーで映画化する『犬鳴村』が2月7日(金)に公開する。主演の三吉彩花をはじめ、坂東龍汰や古川毅、宮野陽 …続きを読む>

「長渕さんを超える熱量で立ち向かいました」/『太陽の家』山口まゆインタビュー

interview
2020.1.17

日本を代表するアーティスト長渕剛が、20年ぶりにスクリーンによみがえる映画『太陽の家』が1月17日より公開。人情味にあふれる職人気質な棟梁・川崎信吾を熱く演じた。単純で実直、大工の腕とは一流だが愛情表現には不器用 …続きを読む>

「自分が風景の中に溶け込んでいく感覚があった」/『わたしは光をにぎっている』松本穂香インタビュー

interview
2019.11.13

前作『四月の永い夢』など国内外で高く評価される作品を生み出してきた中川龍太郎監督が、現代の生活の中で“失われてゆくもの”に向き合う人々を繊細に描いた映画『わたしは光をにぎっている』が11月15日に公開する。故郷を …続きを読む>

「全部つながってる!って思わず鳥肌が立ちました」/『アイネクライネナハトムジーク 』八木優希インタビュー

interview
2019.11.6

宮城県仙台市在住の作家・伊坂幸太郎の恋愛小説集を、『愛がなんだ』などの今泉力哉監督が映画化した『アイネクライネナハトムジーク』が上映中。オール仙台・宮城ロケにこだわって撮影された本作は、主人公の会社員・佐藤(三浦 …続きを読む>

「想像を超える作品に仕上がっていて感動しました」/『超・少年探偵団NEO-Beginning-』高杉真宙&佐野岳インタビュー

interview
2019.10.24

1936年に雑誌「少年倶楽部」で連載が始まり、全26巻の大人気シリーズとなった江戸川乱歩の少年探偵団シリーズ。主要キャラクターである小林少年、明智小五郎それぞれの子孫たちが、代々、世代を超えて激突を繰り返すという …続きを読む>